スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
<< 2019年07月27日のつぶやき | main | 2019年07月29日のつぶやき >>

2019年07月28日のつぶやき

23:35
メチルフェニデートは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。メチルフェニデートの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/poYLfkMZCl(医薬品添付文書より)。
23:05
ヒドロキシジンは向精神薬の一つで坑ヒスタミン類似抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ヒドロキシジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/1OjAcrAb7k(添付文書より)。
22:25
セレナールの副作用→依存性、眠気、ふらつき、めまい、頭痛、不眠、舌のもつれ、いらいら、頭重感、頻脈、悪心、便秘、食欲不振、胃部不快感、下痢、口渇、嘔吐、発疹、かゆみ、蕁麻疹、倦怠感 https://t.co/z3uzRbaqBk(医薬品添付文書より)
22:20
トラゾドンの副作用(一部)→QT延長、心室頻拍、心室細動、心室性期外収縮、悪性症候群、セロトニン症候群、錯乱、せん妄、麻痺性イレウス、持続性勃起、無顆粒球症、低血圧、動悸・頻脈、失神、徐脈、不整脈、高血圧 https://t.co/8XMBgx9Egu(医薬品添付文書より)
22:05
メイラックスは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。メイラックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/xX0WRtlZDE(医薬品添付文書より)。
21:35
マイスリーは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。マイスリーの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/D8jpFRRWIJ(医薬品添付文書より)。
21:05
トラゾドンは向精神薬の一つでトリアゾロピリジン系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トラゾドンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/AbS8WO7Y4r(医薬品添付文書より)。
20:35
ノリトレンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ノリトレンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/oFWiqyvizv(医薬品添付文書より)。
20:05
ヒルナミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ヒルナミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/pwgrMnkX3N(医薬品添付文書より)。
19:35
ブロマゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロマゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YJPLZiXkdu(医薬品添付文書より)。
18:35
アルプラゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アルプラゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CvQ6qVr9s5(医薬品添付文書より)。
18:25
デジレルの副作用(一部)→QT延長、心室頻拍、心室細動、心室性期外収縮、悪性症候群、セロトニン症候群、錯乱、せん妄、麻痺性イレウス、持続性勃起、無顆粒球症、低血圧、動悸・頻脈、失神、徐脈、不整脈、高血圧 https://t.co/8XMBgx9Egu(医薬品添付文書より)
18:20
ドスレピンの副作用(一部)→悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無顆粒球症、麻痺性イレウス、動悸、血圧低下、頻脈、心電図異常、眠気、めまい・ふらつき・立ちくらみ、睡眠障害、頭痛・頭重、振戦、性欲減退 https://t.co/ZFndcglLQU(医薬品添付文書より)
17:35
レボメプロマジンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レボメプロマジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rqY1ZLOGEQ(医薬品添付文書より)。
17:05
ホーリットは向精神薬の一つでオキシペルチン・抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ホーリットの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/IyXYE1r9Mn(医薬品添付文書より)。
16:35
リルマザホンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リルマザホンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OcAR15hUmt(医薬品添付文書より)。
16:25
プロチアデンの副作用(一部)→悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無顆粒球症、麻痺性イレウス、動悸、血圧低下、頻脈、心電図異常、眠気、めまい・ふらつき・立ちくらみ、睡眠障害、頭痛・頭重、振戦、性欲減退 https://t.co/ZFndcglLQU(医薬品添付文書より)
16:20
オキシペルチンの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、起立性低血圧、血圧降下、血圧上昇、心悸亢進、白血球数の異常、手指振戦、アカシジア、筋強剛、眼球挙上 https://t.co/yspqsMJwOf(医薬品添付文書より)
16:05
ロゼレムは向精神薬の一つでメラトニン受容体作動睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロゼレムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/j2TwcIsgp2(医薬品添付文書より)。
15:35
アナフラニールは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アナフラニールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/RKN7wOfwxD(医薬品添付文書より)。
15:05
ルボックスは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ルボックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CjINv9BtG1(医薬品添付文書より)。
14:35
ジアゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ジアゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/vSUH3fiC14(医薬品添付文書より)。
14:25
ホーリットの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、起立性低血圧、血圧降下、血圧上昇、心悸亢進、白血球数の異常、手指振戦、アカシジア、筋強剛、眼球挙上 https://t.co/yspqsMJwOf(医薬品添付文書より)
14:20
ネモナプリドの副作用(一部)→悪性症候群、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害、黄疸、肺塞栓症、深部静脈血栓症、パーキンソン症候群、ジスキネジア、アカシジア、口周部等の不随意運動、不眠、不安、傾眠、眠気 https://t.co/jzGIqtKkTh(医薬品添付文書より)
14:05
レキソタンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レキソタンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YJPLZiXkdu(医薬品添付文書より)。
13:05
ブロチゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロチゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/XiLCeeUoXh(医薬品添付文書より)。
12:35
ペロスピロンは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペロスピロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ejVm66RQWU(医薬品添付文書より)。
12:25
エミレースの副作用(一部)→悪性症候群、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害、黄疸、肺塞栓症、深部静脈血栓症、パーキンソン症候群、ジスキネジア、アカシジア、口周部等の不随意運動、不眠、不安、傾眠、眠気 https://t.co/jzGIqtKkTh(医薬品添付文書より)
12:20
プロクロルペラジンの副作用(一部)→悪性症候群,突然死,再生不良性貧血,無顆粒球症,白血球減少,麻痺性イレウス,遅発性ジスキネジア,抗利尿ホルモン不適合分泌症候群,眼障害,肺塞栓症,パーキンソン症候群https://t.co/9UNiCERxu2(医薬品添付文書より)
12:05
アリピプラゾールは向精神薬の一つでDSS抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アリピプラゾールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/4XqQfoqi7N(医薬品添付文書より)。
11:35
ペモリンは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペモリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OfYlsMCMwF(医薬品添付文書より)。
10:35
ワイパックスは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ワイパックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/mdj3TpZmKF(医薬品添付文書より)。
10:25
ノバミンの副作用(一部)→悪性症候群,突然死,再生不良性貧血,無顆粒球症,白血球減少,麻痺性イレウス,遅発性ジスキネジア,抗利尿ホルモン不適合分泌症候群,眼障害,肺塞栓症,深部静脈血栓症,パーキンソン症候群https://t.co/9UNiCERxu2(医薬品添付文書より)
10:20
スルトプリドの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、痙攣、遅発性ジスキネジア、心室頻拍、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、頻脈・動悸、血圧降下、血圧上昇、心電図変化、肝障害、アカシジアhttps://t.co/J4pMwTBAxe(医薬品添付文書より)
10:05
ウインタミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ウインタミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ur0MNVmBDG(医薬品添付文書より)。
09:35
オキサゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オキサゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ZwpmzQj0DK(医薬品添付文書より)
09:05
フェノバルビタールは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フェノバルビタールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/v8kVDyjE3N(医薬品添付文書より)。
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
08:35
ゾルピデムは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ゾルピデムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/D8jpFRRWIJ(医薬品添付文書より)。
08:25
各薬剤の【#副作用 情報】に、【#妊娠 時の危険性情報】も追加掲載してあります。ご覧になってみてください。(いずれも医薬品添付文書より)https://t.co/UQYrmu1lVO なお、精神薬は毒性の強い薬剤です(麻薬に近いものがあります)。長期服用は本当に危険なんです!
08:20
【脳も心も体もボロボロにしてしまう精神薬。その危険性がよくわかるオススメの書籍です→】のむな、危険!: 抗うつ薬・睡眠薬・安定剤・抗精神病薬の罠 https://t.co/lCy5TbhUSJ
08:05
セルトラリンは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。セルトラリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/xrsBWtpjFQ(医薬品添付文書より)。
07:35
オーラップは向精神薬の一つでブチロフェノン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オーラップの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/9h0QGAOVIJ(医薬品添付文書より)。
07:05
リスパダールは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リスパダールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tl5ONQsEsc(医薬品添付文書より)。
06:35
リーゼは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リーゼの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rxMmXVG1t5(医薬品添付文書より)。
06:25
バルネチールの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、痙攣、遅発性ジスキネジア、心室頻拍、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、頻脈・動悸、血圧降下、血圧上昇、心電図変化、肝障害、アカシジアhttps://t.co/J4pMwTBAxe(医薬品添付文書より)
06:20
プロペリシアジンの副作用(一部)→悪性症候群、突然死、再生不良性貧血、無顆粒球症、白血球減少、麻痺性イレウス、遅発性ジスキネジア、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、眼障害、肺塞栓症、深部静脈血栓症https://t.co/BkC4w6AQt9(医薬品添付文書より)
06:05
ノルトリプチリンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ノルトリプチリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/oFWiqyvizv(医薬品添付文書より)。
05:35
トリアゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トリアゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/pzKa6u8R3T(医薬品添付文書より)。
05:05
オランザピンは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オランザピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Vvvu7VbMR8(医薬品添付文書より)。
| - | 02:33 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:33 | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM