<< 2018年09月28日のつぶやき | main | 2018年09月30日のつぶやき >>

2018年09月29日のつぶやき

23:35
ミルタザピンは向精神薬の一つでNaSSA抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ミルタザピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/i50PHHRkie(医薬品添付文書より)。
23:05
フルニトラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルニトラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/BswDlWZyJQ(医薬品添付文書より)。
22:35
ニメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ニメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/gSKxcDvEQ8(医薬品添付文書より)。
22:25
ピレチアの副作用(一部)→悪性症候群、乳児突然死症候群、乳児睡眠時無呼吸発作、発疹、光線過敏症、肝障害、白血球減少、顆粒球減少、眠気、めまい、倦怠感、頭痛、耳鳴、視覚障害、不安感、興奮、神経過敏、不眠、痙攣https://t.co/CuDU8qJDsk(医薬品添付文書より)
22:20
ラモトリギンの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、薬剤性過敏症症候群、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、肝炎、肝機能障害、黄疸、無菌性髄膜炎、発疹、脱毛、発熱、疲労、疼痛、傾眠、めまい、頭痛、不眠https://t.co/FTOmjdmxLb(医薬品添付文書より)
21:35
フェノバールは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フェノバールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/v8kVDyjE3N(医薬品添付文書より)。
21:05
ブロマゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロマゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Gy9phrXfkg(医薬品添付文書より)。
20:05
ラボナは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ラボナの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/PLymYW452K(医薬品添付文書より)。
19:35
ゾテピンは向精神薬の一つで抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ゾテピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/MA4yEGDaB8(医薬品添付文書より)。
19:05
ペロスピロンは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペロスピロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ejVm66RQWU(医薬品添付文書より)。
18:35
ブロムペリドールは向精神薬の一つでブチロフェノン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロムペリドールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Sob1M6E0A8(医薬品添付文書より)。
18:25
ラミクタールの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、薬剤性過敏症症候群、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、肝炎、肝機能障害、黄疸、無菌性髄膜炎、発疹、脱毛、発熱、疲労、疼痛、傾眠、めまい、頭痛、不眠https://t.co/FTOmjdmxLb(医薬品添付文書より)
18:20
メチルフェニデートの副作用(一部)→剥脱性皮膚炎、狭心症、悪性症候群、脳血管障害(血管炎、脳梗塞、脳出血、脳卒中)、血管浮腫、紅斑、発疹、視調節障害、霧視、興奮、チック、舞踏病様症状、ジスキネジア、痙攣https://t.co/2Dc7Yg0vyt(医薬品添付文書より)
18:05
ミルナシプランは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ミルナシプランの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CXNNYDreCl(医薬品添付文書より)。
17:35
クロカプラミンは向精神薬の一つでイミノベンジル系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クロカプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rUoTmvzr5r(医薬品添付文書より)。
17:05
エスゾピクロンは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エスゾピクロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/FK1prtNxJj(医薬品添付文書より)。
16:35
エスタゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エスタゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/0bF3gIfESD(医薬品添付文書より)。
16:25
リタリンの副作用(一部)→剥脱性皮膚炎、狭心症、悪性症候群、脳血管障害(血管炎、脳梗塞、脳出血、脳卒中)、血管浮腫、紅斑、発疹、視調節障害、霧視、興奮、チック、舞踏病様症状、ジスキネジア、痙攣、常同運動https://t.co/2Dc7Yg0vyt(医薬品添付文書より)
16:20
クロミプラミンの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、横紋筋融解症、無顆粒球症、汎血球減少、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍https://t.co/0vso84sVCf(医薬品添付文書より)
16:05
二トラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。二トラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/E4PetvOBeK(医薬品添付文書より)。
15:35
ロルメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロルメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Kg7SjLJhJg(医薬品添付文書より)。
15:05
ハロペリドールは向精神薬の一つでブチロフェノン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ハロペリドールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ASWeUakmq2(医薬品添付文書より)。
14:35
ブロナンセリンは向精神薬の一つでDSA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロナンセリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/2iXl8n8XTB(医薬品添付文書より)。
14:25
アナフラニールの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、横紋筋融解症、無顆粒球症、汎血球減少、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍https://t.co/0vso84sVCf(医薬品添付文書より)
14:20
ロフェプラミンの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、動悸、頻脈、血圧低下、パーキンソン様症状、倦怠感、頭痛・頭重、焦燥、興奮、知覚異常、身体異常感、しびれ感、運動失調https://t.co/l1ZyrCRP70(医薬品添付文書より)
14:05
エバミールは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エバミールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Kg7SjLJhJg(医薬品添付文書より)。
13:35
ロルメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロルメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/qvMvW3MXyK(医薬品添付文書より)。
13:05
クエチアピンは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クエチアピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/3W0mzb83bb(医薬品添付文書より)。
12:35
トレドミンは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トレドミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CXNNYDreCl(医薬品添付文書より)。
12:25
アンプリットの副作用(一部)→悪性症候群、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、動悸、頻脈、血圧低下、パーキンソン様症状、倦怠感、頭痛・頭重、焦燥、興奮、知覚異常、身体異常感、しびれ感、運動失調https://t.co/l1ZyrCRP70(医薬品添付文書より)
12:20
ピパンペロンの副作用(一部)→悪性症候群、腸管麻痺、突然死、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血圧降下、頻脈、パーキンソン症候群、アカシジア、ジスキネジアhttps://t.co/FHvE2aVWU1(医薬品添付文書より)
12:05
ルーランは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ルーランの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ejVm66RQWU(医薬品添付文書より)。
11:35
オランザピンは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オランザピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Vvvu7VbMR8(医薬品添付文書より)。
11:05
ドスレピンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ドスレピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YHY7fhkWqn(医薬品添付文書より)。
10:35
リスパダールは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リスパダールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tl5ONQsEsc(医薬品添付文書より)。
10:25
プロピタンの副作用(一部)→悪性症候群、腸管麻痺、突然死、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血圧降下、頻脈、パーキンソン症候群、アカシジア、ジスキネジアhttps://t.co/FHvE2aVWU1(医薬品添付文書より)
10:20
ビペリデンの副作用→悪性症候群、依存性、幻覚、せん妄、精神錯乱、不安、嗜眠、記憶障害、口渇、悪心、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、下痢、便秘、口内炎、排尿困難、尿閉、発疹、血圧低下、血圧上昇、眼の調節障害https://t.co/OrSmph7N8u(医薬品添付文書より)
10:05
パロキセチンは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。パロキセチンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/2vGGEC8BxY(医薬品添付文書より)。
09:35
クロミプラミンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クロミプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/RKN7wOfwxD(医薬品添付文書より)。
09:05
リルマザホンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リルマザホンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OcAR150juV(医薬品添付文書より)。
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
08:35
メイラックスは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。メイラックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/xX0WRtlZDE(医薬品添付文書より)。
08:25
各薬剤の【#副作用 情報】に、【#妊娠 時の危険性情報】も追加掲載してあります。ご覧になってみてください。(いずれも医薬品添付文書より)https://t.co/UQYrmu1lVO なお、精神薬は毒性の強い薬剤です(麻薬に近いものがあります)。長期服用は本当に危険なんです!
08:20
【脳も心も体もボロボロにしてしまう精神薬。その危険性がよくわかるオススメの書籍です→】のむな、危険!: 抗うつ薬・睡眠薬・安定剤・抗精神病薬の罠 https://t.co/lCy5TbhUSJ
08:05
フルニトラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルニトラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/LfruNO1ZuQ(医薬品添付文書より)。
07:05
フルボキサミンは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルボキサミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/GodTPWyx9n(医薬品添付文書より)。
06:35
ペルフェナジンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペルフェナジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/hdjGQudPhX(医薬品添付文書より)。
06:25
アキネトンの副作用→悪性症候群、依存性、幻覚、せん妄、精神錯乱、不安、嗜眠、記憶障害、口渇、悪心、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、下痢、便秘、口内炎、排尿困難、尿閉、発疹、血圧低下、血圧上昇、眼の調節障害https://t.co/OrSmph7N8u(医薬品添付文書より)
06:20
パリペリドンの副作用(一部)→悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、不整脈、脳血管障害、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡https://t.co/jesOCabTq6(医薬品添付文書より)
06:05
プロチアデンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。プロチアデンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YHY7fhkWqn(医薬品添付文書より)。
| - | 02:34 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:34 | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM