<< 2018年08月15日のつぶやき | main | 2018年08月17日のつぶやき >>

2018年08月16日のつぶやき

23:35
クロチアゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クロチアゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rxMmXVG1t5(医薬品添付文書より)。
23:05
トラゾドンは向精神薬の一つでトリアゾロピリジン系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トラゾドンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/FCBKixg8YU(医薬品添付文書より)。
22:35
ペモリンは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペモリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OfYlsMCMwF(医薬品添付文書より)。
22:25
ルジオミールの副作用(一部)→悪性症候群、てんかん発作、横紋筋融解症、皮膚粘膜眼症候群、無顆粒球症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、QT延長、心室頻拍、肝機能障害、黄疸、血圧降下、血圧上昇https://t.co/KwiSXHG1mX(医薬品添付文書より)
22:20
ミアンセリンの副作用(一部)→悪性症候群、無顆粒球症、QT延長、心室頻拍、心室細動、肝機能障害、黄疸、痙攣、発疹、浮腫、徐脈、頻脈、動悸、血圧降下、ねむけ、下肢不安症、鎮静、パーキンソン症状、めまいhttps://t.co/qfNCsXP1X5(医薬品添付文書より)
22:05
ロナセンは向精神薬の一つでDSA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロナセンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/2iXl8n8XTB(医薬品添付文書より)。
21:35
ルボックスは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ルボックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CjINv9BtG1(医薬品添付文書より)。
21:05
ウインタミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ウインタミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ur0MNVmBDG(医薬品添付文書より)。
20:35
ソメリンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ソメリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tVGSm8TBTb(医薬品添付文書より)。
20:28
減薬・断薬についてのお話(3) 4 朝日新聞「処方薬依存症について」 https://t.co/zfIpjSWEmX 5 “薬漬け”になりたくない〜向精神薬をのむ子ども〜(NHK クローズアップ現代) https://t.co/v1iKrHXxNV
20:24
減薬・断薬についてのお話(2) 2 向精神薬の長期服用は本当に良くないんです https://t.co/zN1u7t26br 3 減薬・断薬していく上で最も大切なこと https://t.co/w4jZOJ557Q (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:20
減薬・断薬についてのお話(1) 0 減薬・断薬サポート、減薬・断薬相談 https://t.co/KgZSros6wT 1 「薬は短期で飲む」が鉄則 https://t.co/vkr82Wz7iq (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:05
エリミンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エリミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/gSKxcDvEQ8(医薬品添付文書より)。
19:35
インヴェガは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。インヴェガの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/fHjYEB2DOD(医薬品添付文書より)。
18:35
モサプラミンは向精神薬の一つでイミノベンジル系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。モサプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/VksyEQEX7i(医薬品添付文書より)。
18:25
テトラミドの副作用(一部)→悪性症候群、無顆粒球症、QT延長、心室頻拍、心室細動、肝機能障害、黄疸、痙攣、発疹、浮腫、徐脈、頻脈、動悸、血圧降下、ねむけ、下肢不安症、鎮静、パーキンソン症状、めまいhttps://t.co/qfNCsXP1X5(医薬品添付文書より)
18:20
ロルメタゼパムの副作用(一部)→依存性,刺激興奮,錯乱,呼吸抑制,炭酸ガスナルコーシス,一過性前向性健忘,もうろう状態,発疹,そう痒感,眠気,ふらつき,頭重感,頭痛,めまい,不快感,健忘,多夢,感情鈍麻,せん妄https://t.co/Lrd0MTHlBT(医薬品添付文書より)
18:05
アリピプラゾールは向精神薬の一つでDSS抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アリピプラゾールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/4XqQfoqi7N(医薬品添付文書より)。
17:35
クレミンは向精神薬の一つでイミノベンジル系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クレミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/VksyEQEX7i(医薬品添付文書より)。
17:05
セロクエルは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。セロクエルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/3W0mzb83bb(医薬品添付文書より)。
16:35
オーラップは向精神薬の一つでブチロフェノン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オーラップの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/9h0QGAOVIJ(医薬品添付文書より)。
16:25
エバミールの副作用(一部)→依存性,刺激興奮,錯乱,呼吸抑制,炭酸ガスナルコーシス,一過性前向性健忘,もうろう状態,発疹,そう痒感,眠気,ふらつき,頭重感,頭痛,めまい,不快感,健忘,多夢,感情鈍麻,せん妄https://t.co/Lrd0MTHlBT(医薬品添付文書より)
16:20
エスゾピクロンの副作用(一部)→ショック、アナフィラキシー様症状、依存性、呼吸抑制、肝機能障害、悪夢、意識レベルの低下、興奮、錯乱、幻覚、夢遊症状、攻撃性、せん妄、異常行動、意識障害、一過性前向性健忘、傾眠https://t.co/xXVgCI9Mz4(医薬品添付文書より)
16:05
ブロバリンは向精神薬の一つで非バルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロバリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/AbnnT4M4qp(医薬品添付文書より)。
15:35
ソラナックスは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ソラナックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CvQ6qVr9s5(医薬品添付文書より)。
15:05
デジレルは向精神薬の一つでトリアゾロピリジン系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。デジレルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/AbS8WO7Y4r(医薬品添付文書より)。
14:35
ルーランは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ルーランの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ejVm66RQWU(医薬品添付文書より)。
14:25
ルネスタの副作用(一部)→ショック、アナフィラキシー様症状、依存性、呼吸抑制、肝機能障害、悪夢、意識レベルの低下、興奮、錯乱、幻覚、夢遊症状、攻撃性、せん妄、異常行動、意識障害、一過性前向性健忘、傾眠https://t.co/xXVgCI9Mz4(医薬品添付文書より)
14:20
カルバマゼピンの副作用(一部)→再生不良性貧血、汎血球減少、白血球減少、無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症、肝機能障害https://t.co/2fzNkPcV3D(医薬品添付文書より)
13:35
イミプラミンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。イミプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/gSm5xlyCM4(医薬品添付文書より)。
13:05
リスパダールは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リスパダールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tl5ONQsEsc(医薬品添付文書より)。
12:35
ゾピクロンは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ゾピクロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/lEK2OMA6xk(医薬品添付文書より)。
12:25
テグレトールの副作用(一部)→再生不良性貧血、汎血球減少、白血球減少、無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症、肝機能障害https://t.co/2fzNkPcV3D(医薬品添付文書より)
12:20
ガバペンチンの副作用(一部)→急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、傾眠、浮動性めまい、頭痛、痙攣、てんかん増悪、失調、会話障害、感覚減退、記憶障害、振戦https://t.co/q8iHzalKew(医薬品添付文書より)
12:05
クロミプラミンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クロミプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/RKN7wOfwxD(医薬品添付文書より)。
11:35
リフレックスは向精神薬の一つでNaSSA抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リフレックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/i50PHI8V9M(医薬品添付文書より)。
11:05
ダルメートは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ダルメートの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/UAnGWSAZLr(医薬品添付文書より)。
10:35
ロドピンは向精神薬の一つでゾテピン・抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロドピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/MA4yEGDaB8(医薬品添付文書より)。
10:25
ガバペンの副作用(一部)→急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、傾眠、浮動性めまい、頭痛、痙攣、てんかん増悪、失調、会話障害、感覚減退、記憶障害、振戦https://t.co/q8iHzalKew(医薬品添付文書より)
10:20
アルプラゾラムの副作用(一部)→薬物依存、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、そう痒、蕁麻疹、顔面潮紅・腫脹、息切れ等のアナフィラキシー、肝機能障害、黄疸、眠気、めまい・ふらつき、頭痛、不眠、眼症状(霧視、複視)https://t.co/pGpwxTclTU(医薬品添付文書より)
09:35
ロナセンは向精神薬の一つでDSA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロナセンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/2iXl8n8XTB(医薬品添付文書より)。
09:32
減薬・断薬についてのお話(7) 12 ウィキペディアにも向精神薬の危険性が指摘されています! https://t.co/xprNvVdsmz (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:28
減薬・断薬についてのお話(6) 10 向精神薬と妊娠について https://t.co/1dTiZ0GtzA 11 向精神薬関連動画 https://t.co/BsUl59XPZ5 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:24
減薬・断薬についてのお話(5) 8 読売新聞「大量服用招く安易な処方」 https://t.co/L8efRFErE6 9 お医者様のこんな言葉にはご注意を https://t.co/2MxzhaFirY (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:20
減薬・断薬についてのお話(4) 6 副作用による様々な臓器障害 https://t.co/Eb4ZgDTyv0 7 医療用医薬品添付文書・副作用情報 https://t.co/ZWcYXetVlE (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:05
クエチアピンは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クエチアピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/3W0mzbpEzL(医薬品添付文書より)。
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
08:35
アルプラゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アルプラゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CvQ6qVr9s5(医薬品添付文書より)。
08:25
各薬剤の【#副作用 情報】に、【#妊娠 時の危険性情報】も追加掲載してあります。ご覧になってみてください。(いずれも医薬品添付文書より)https://t.co/UQYrmu1lVO なお、精神薬は毒性の強い薬剤です(麻薬に近いものがあります)。長期服用は本当に危険なんです!
08:20
【脳も心も体もボロボロにしてしまう精神薬。その危険性がよくわかるオススメの書籍です→】のむな、危険!: 抗うつ薬・睡眠薬・安定剤・抗精神病薬の罠 https://t.co/lCy5TbhUSJ
| - | 02:33 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:33 | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM