<< 2018年07月14日のつぶやき | main | 2018年07月16日のつぶやき >>

2018年07月15日のつぶやき

23:35
ノバミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ノバミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/vryQxauUoI(医薬品添付文書より)。
22:35
ハロキサゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ハロキサゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tVGSm8TBTb(医薬品添付文書より)。
22:25
セニランの副作用(一部)→依存性、刺激興奮、錯乱、眠気、ふらつき、めまい、興奮、気分高揚、歩行失調、不眠、頭痛、性欲への影響、振戦、構音障害、不安、焦躁感、のぼせ、ぼんやり感、しびれ感、白血球減少、血圧低下 https://t.co/vl0zbJLN9e(医薬品添付文書より)
22:20
アミトリプチリンの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、心筋梗塞、幻覚、せん妄、精神錯乱、痙攣、顔・舌部の浮腫、無顆粒球症、骨髄抑制、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、血圧上昇、動悸 https://t.co/nRnaDvYuu6(医薬品添付文書より)
22:05
ブロモバレリル尿素は向精神薬の一つで非バルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロモバレリル尿素の詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/AbnnT4M4qp(医薬品添付文書より)。
21:35
セルトラリンは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。セルトラリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/xrsBWtpjFQ(医薬品添付文書より)。
21:05
ドラールは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ドラールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/gEt0REvVOP(医薬品添付文書より)。
20:28
減薬・断薬についてのお話(3) 4 朝日新聞「処方薬依存症について」 https://t.co/zfIpjSWEmX 5 “薬漬け”になりたくない〜向精神薬をのむ子ども〜(NHK クローズアップ現代) https://t.co/v1iKrHXxNV
20:24
減薬・断薬についてのお話(2) 2 向精神薬の長期服用は本当に良くないんです https://t.co/zN1u7t26br 3 減薬・断薬していく上で最も大切なこと https://t.co/w4jZOJ557Q (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:20
減薬・断薬についてのお話(1) 0 減薬・断薬サポート、減薬・断薬相談 https://t.co/KgZSros6wT 1 「薬は短期で飲む」が鉄則 https://t.co/vkr82Wz7iq (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:05
リタリンは向精神薬の一つでメチルフェニデート・精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リタリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/poYLfkMZCl(医薬品添付文書より)。
19:35
フェノバールは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フェノバールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/v8kVDyjE3N(医薬品添付文書より)。
19:05
ペモリンは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペモリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OfYlsMCMwF(医薬品添付文書より)。
18:35
エビリファイは向精神薬の一つでDSS抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エビリファイの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/4XqQfoqi7N(医薬品添付文書より)。
18:25
トリプタノールの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、心筋梗塞、幻覚、せん妄、精神錯乱、痙攣、顔・舌部の浮腫、無顆粒球症、骨髄抑制、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、血圧上昇、動悸 https://t.co/nRnaDvYuu6(医薬品添付文書より)
18:20
イミプラミンの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、無顆粒球症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、心不全、QT延長、心室頻拍、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、黄疸 https://t.co/5a7OnFvq44(医薬品添付文書より)
18:05
ペロスピロンは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ペロスピロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ejVm66RQWU(医薬品添付文書より)。
17:35
ニューレプチルは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ニューレプチルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/kGCakv2M7X(医薬品添付文書より)。
17:05
アミトリプチリンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アミトリプチリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/92AxdranFe(医薬品添付文書より)。
16:35
レキソタンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レキソタンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YJPLZiXkdu(医薬品添付文書より)。
16:25
トフラニールの副作用(一部)→悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、無顆粒球症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、心不全、QT延長、心室頻拍、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、黄疸 https://t.co/5a7OnFvq44(医薬品添付文書より)
16:20
ジアゼパムの副作用(一部)→依存性、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、眠気、ふらつき、眩暈、歩行失調、頭痛、失禁、言語障害、振戦、霧視、複視、多幸症、黄疸、顆粒球減少、白血球減少、頻脈、血圧低下、悪心、嘔吐、食欲不振 https://t.co/aCmBHALwcu(医薬品添付文書より)
16:05
フルボキサミンは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルボキサミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/GodTPWyx9n(医薬品添付文書より)。
15:35
ヒドロキシジンは向精神薬の一つで坑ヒスタミン類似抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ヒドロキシジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/1OjAcrAb7k(添付文書より)。
15:05
ロルメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロルメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Kg7SjLJhJg(医薬品添付文書より)。
14:35
コンスタンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。コンスタンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/y7iqoXKDSP(添付文書より)。
14:25
ホリゾンの副作用(一部)→依存性、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、眠気、ふらつき、眩暈、歩行失調、頭痛、失禁、言語障害、振戦、霧視、複視、多幸症、黄疸、顆粒球減少、白血球減少、頻脈、血圧低下、悪心、嘔吐、食欲不振 https://t.co/aCmBHALwcu(医薬品添付文書より)
14:20
メチルフェニデートの副作用(一部)→剥脱性皮膚炎、狭心症、悪性症候群、脳血管障害(血管炎、脳梗塞、脳出血、脳卒中)、鼻咽頭炎、胃腸炎、鼻炎、ヘルペスウイルス感染、インフルエンザ、麦粒腫、中耳炎、咽頭炎 https://t.co/2sVD1WFEOn(医薬品添付文書より)
14:05
ドグマチールは向精神薬の一つでベンザミド系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ドグマチールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/kV08HLRYEz(医薬品添付文書より)。
13:35
マプロチリンは向精神薬の一つで四環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。マプロチリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/GZ4XXwA4yc(医薬品添付文書より)。
13:05
バルネチールは向精神薬の一つでベンザミド系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。バルネチールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/K5IvyWxzFB(医薬品添付文書より)。
12:35
リーゼは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リーゼの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rxMmXVG1t5(医薬品添付文書より)。
12:25
コンサータの副作用(一部)→剥脱性皮膚炎、狭心症、悪性症候群、脳血管障害(血管炎、脳梗塞、脳出血、脳卒中)、鼻咽頭炎、胃腸炎、鼻炎、ヘルペスウイルス感染、インフルエンザ、麦粒腫、中耳炎、咽頭炎、上気道感染 https://t.co/2sVD1WFEOn(医薬品添付文書より)
12:20
モダフィニルの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、薬剤性過敏症症候群、ショック、アナフィラキシー様症状、発疹、そう痒、血管浮腫、頭痛、不眠、めまい、傾眠、しびれ、神経過敏 https://t.co/NBnA2yeYbR(医薬品添付文書より)
12:05
リーマスは向精神薬の一つで炭酸リチウム・気分安定薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リーマスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/WpavvX9e35(医薬品添付文書より)。
11:35
レボメプロマジンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レボメプロマジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/pwgrMnkX3N(医薬品添付文書より)。
10:35
フルラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/lhvIY8bIzZ(医薬品添付文書より)。
10:25
モディオダールの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、薬剤性過敏症症候群、ショック、アナフィラキシー様症状、発疹、そう痒、血管浮腫、頭痛、不眠、めまい、傾眠、しびれ、神経過敏 https://t.co/NBnA2yeYbR(医薬品添付文書より)
10:20
ペモリンの副作用(一部)→重篤な肝障害、薬物依存、発疹、不眠、焦躁感、頭痛、逆説的傾眠、肩こり、不安、めまい、幻覚、興奮、刺激性、運動亢進、口渇、食欲不振、嘔気、便秘、胃部不快感、頻脈、心悸亢進、発汗 https://t.co/XcDc3Vf3JO(医薬品添付文書より)
10:05
ロドピンは向精神薬の一つでゾテピン・抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロドピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/MA4yEGDaB8(医薬品添付文書より)。
09:35
ミアンセリンは向精神薬の一つで四環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ミアンセリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/v9VqM4yDh7(医薬品添付文書より)。
09:32
減薬・断薬についてのお話(7) 12 ウィキペディアにも向精神薬の危険性が指摘されています! https://t.co/xprNvVdsmz (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:28
減薬・断薬についてのお話(6) 10 向精神薬と妊娠について https://t.co/1dTiZ0GtzA 11 向精神薬関連動画 https://t.co/BsUl59XPZ5 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:24
減薬・断薬についてのお話(5) 8 読売新聞「大量服用招く安易な処方」 https://t.co/L8efRFmQfw 9 お医者様のこんな言葉にはご注意を https://t.co/2MxzhaWTjw (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:20
減薬・断薬についてのお話(4) 6 副作用による様々な臓器障害 https://t.co/Eb4ZgDTyv0 7 医療用医薬品添付文書・副作用情報 https://t.co/ZWcYXetVlE (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:05
ヒルナミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ヒルナミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/pwgrMnkX3N(医薬品添付文書より)。
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
08:35
トレドミンは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トレドミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CXNNYDreCl(医薬品添付文書より)。
08:25
各薬剤の【#副作用 情報】に、【#妊娠 時の危険性情報】も追加掲載してあります。ご覧になってみてください。(いずれも医薬品添付文書より)https://t.co/UQYrmu1lVO なお、精神薬は毒性の強い薬剤です(麻薬に近いものがあります)。長期服用は本当に危険なんです!
08:20
【脳も心も体もボロボロにしてしまう精神薬。その危険性がよくわかるオススメの書籍です→】のむな、危険!: 抗うつ薬・睡眠薬・安定剤・抗精神病薬の罠 https://t.co/lCy5TbhUSJ
| - | 02:33 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:33 | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM