<< 2017年02月16日のつぶやき | main | 2017年02月18日のつぶやき >>

2017年02月17日のつぶやき

23:42
アリピプラゾールは向精神薬の一つでDSS抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アリピプラゾールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/4XqQfoqi7N(医薬品添付文書より)。
23:12
ロルメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロルメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Kg7SjLJhJg(医薬品添付文書より)。
22:42
インヴェガは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。インヴェガの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/fHjYEB2DOD(医薬品添付文書より)。
22:25
コントミンの副作用(一部)→Syndrome malin(悪性症候群),突然死,心室頻拍,再生不良性貧血,溶血性貧血,無顆粒球症,白血球減少,麻痺性イレウス,遅発性ジスキネジア,遅発性ジストニアhttps://t.co/YkZXvSJfDd(医薬品添付文書より)
22:20
パロキセチンの副作用(一部)→セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、幻覚、せん妄、痙攣、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、重篤な肝機能障害、横紋筋融解症、汎血球減少https://t.co/gLtvdWDzGD(医薬品添付文書より)
22:12
メダゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。メダゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/NxNNgSntov(医薬品添付文書より)。
21:42
デジレルは向精神薬の一つでトリアゾロピリジン系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。デジレルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/AbS8WO7Y4r(医薬品添付文書より)。
21:12
セチプチリンは向精神薬の一つで四環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。セチプチリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/751fd2r2vQ(医薬品添付文書より)。
20:42
デュロキセチンは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。デュロキセチンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YLn9UsP7yl(医薬品添付文書より)。
20:28
減薬・断薬についてのお話(3) 4 朝日新聞「処方薬依存症について」 https://t.co/zfIpjTefLx 5 “薬漬け”になりたくない〜向精神薬をのむ子ども〜(NHK クローズアップ現代) https://t.co/v1iKrIf9cv
20:24
減薬・断薬についてのお話(2) 2 向精神薬の長期服用は本当に良くないんです https://t.co/zN1u7sKvjT 3 減薬・断薬していく上で最も大切なこと https://t.co/w4jZOJmGwq (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:20
減薬・断薬についてのお話(1) 0 減薬・断薬サポート、減薬・断薬相談 https://t.co/KgZSroavFl 1 「薬は短期で飲む」が鉄則 https://t.co/vkr82WQIH0 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
19:42
トラゾドンは向精神薬の一つでトリアゾロピリジン系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トラゾドンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/FCBKixg8YU(医薬品添付文書より)。
19:12
レキソタンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レキソタンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YJPLZiXkdu(医薬品添付文書より)。
18:25
パキシルの副作用(一部)→セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、幻覚、せん妄、痙攣、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、重篤な肝機能障害、横紋筋融解症、汎血球減少https://t.co/gLtvdWDzGD(医薬品添付文書より)
18:20
オランザピンの副作用(一部)→高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、 無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症https://t.co/nlAoRUYXTu(医薬品添付文書より)
18:12
レンドルミンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レンドルミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/XiLCeeUoXh(医薬品添付文書より)。
17:42
ノバミンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ノバミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/vryQxauUoI(医薬品添付文書より)。
17:12
モダフィニルは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。モダフィニルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/d74TEHOwtF(医薬品添付文書より)。
16:25
ジプレキサの副作用(一部)→高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、 無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症https://t.co/nlAoRUYXTu(医薬品添付文書より)
16:20
エチゾラムの副作用(一部)→依存性,呼吸抑制,炭酸ガスナルコーシス,悪性症候群,横紋筋融解症,間質性肺炎,肝機能障害,黄疸,眠気,ふらつき,めまい,歩行失調,頭痛・頭重,言語障害,不眠,酩酊感,興奮,焦燥https://t.co/dNT4EThrBg(医薬品添付文書より)
16:12
リスペリドンは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リスペリドンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tl5ONQsEsc(医薬品添付文書より)。
15:42
セレナールは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。セレナールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/ZwpmzQj0DK(医薬品添付文書より)
15:12
ロナセンは向精神薬の一つでDSA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロナセンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/2iXl8n8XTB(医薬品添付文書より)。
14:42
ルボックスは向精神薬の一つでSSRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ルボックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CjINv9BtG1(医薬品添付文書より)。
14:25
デパスの副作用(一部)→依存性,呼吸抑制,炭酸ガスナルコーシス,悪性症候群,横紋筋融解症,間質性肺炎,肝機能障害,黄疸,眠気,ふらつき,めまい,歩行失調,頭痛・頭重,言語障害,不眠,酩酊感,興奮,焦燥,振戦https://t.co/dNT4EThrBg(医薬品添付文書より)
14:20
クロバザムの副作用(一部)→依存性、呼吸抑制、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、眠気・傾眠、ふらつき・めまい、構音障害、無気力、不機嫌、失調、ぼんやり感、情動不安、筋緊張低下、行動異常、精神活動減退 https://t.co/wcMQ4ZpaXE(医薬品添付文書より)
14:12
ソラナックスは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ソラナックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CvQ6qVr9s5(医薬品添付文書より)。
13:42
プロクロルペラジンは向精神薬の一つでフェノチアジン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。プロクロルペラジンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/vryQxauUoI(医薬品添付文書より)。
13:12
レメロンは向精神薬の一つでNaSSA抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レメロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/KkjKycVZwK(医薬品添付文書より)
12:42
レスミットは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レスミットの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/NxNNgSntov(医薬品添付文書より)。
12:25
マイスタンの副作用(一部)→依存性、呼吸抑制、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、眠気・傾眠、ふらつき・めまい、構音障害、無気力、不機嫌、失調、ぼんやり感、情動不安、筋緊張低下、行動異常、精神活動減退 https://t.co/wcMQ4ZpaXE(医薬品添付文書より)
12:20
フェニトインの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、過敏症症候群、発熱、紅斑、関節痛、肺炎、白血球減少、血小板減少、抗核抗体陽性、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、単球性白血病https://t.co/aHzrtpHhsr(医薬品添付文書より)
12:12
フルニトラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。フルニトラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/BswDlXh9Bo(医薬品添付文書より)。
11:42
アタラックスは向精神薬の一つで坑ヒスタミン類似抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アタラックスの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/1OjAcrAb7k(添付文書より)。
11:24
【関連情報】断薬後も消えない症状 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) https://t.co/80wOqIQDSr
11:20
【関連情報】抗うつ薬「8割の患者に無意味」? それでも処方される理由 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 https://t.co/LPtvkWdvQR
11:12
ノルトリプチリンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ノルトリプチリンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/oFWiqyvizv(医薬品添付文書より)。
10:42
ラメルテオンは向精神薬の一つでメラトニン受容体作動睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ラメルテオンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/j2TwcIsgp2(医薬品添付文書より)。
10:25
アレビアチンの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、過敏症症候群、発熱、紅斑、関節痛、肺炎、白血球減少、血小板減少、抗核抗体陽性、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、単球性白血病https://t.co/aHzrtpHhsr(医薬品添付文書より)
10:20
フェノバルビタールの副作用(一部)→中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症、過敏症症候群、依存性、顆粒球減少、血小板減少、肝機能障害、呼吸抑制、麻疹様発疹、中毒疹様発疹、巨赤芽球性貧血https://t.co/dAUlNWOsjR(医薬品添付文書より)
10:12
スルトプリドは向精神薬の一つでベンザミド系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。スルトプリドの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/K5IvyWxzFB(医薬品添付文書より)。
09:42
エチゾラムは精神薬の一つでチエノジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エチゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/0wO5LI38Ea(医薬品添付文書より)。
09:32
減薬・断薬についてのお話(7) 12 ウィキペディアにも向精神薬の危険性が指摘されています! https://t.co/xprNvUVRv1 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:29
減薬・断薬についてのお話(6) 10 向精神薬と妊娠について https://t.co/1dTiZ0oSI2 11 向精神薬関連動画 https://t.co/BsUl59Gf7x (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:24
減薬・断薬についてのお話(5) 8 読売新聞「大量服用招く安易な処方」 https://t.co/L8efRFErE6 9 お医者様のこんな言葉にはご注意を https://t.co/2MxzhaFirY (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:20
減薬・断薬についてのお話(4) 6 副作用による様々な臓器障害 https://t.co/Eb4ZgDBXDs 7 医療用医薬品添付文書・副作用情報 https://t.co/ZWcYXeLwKe (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:12
アモキサピンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アモキサピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/MfQYcriz84(医薬品添付文書より)。
08:42
タンドスピロンは向精神薬の一つでセロトニン作動性抗不安薬(精神安定剤)です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。タンドスピロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/pLiOpmXSVI(添付文書より)。
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
| - | 02:34 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:34 | - | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--