<< 2017年02月06日のつぶやき | main | 2017年02月08日のつぶやき >>

2017年02月07日のつぶやき

23:42
炭酸リチウムは向精神薬の一つで気分安定薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。炭酸リチウムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/WpavvX9e35(医薬品添付文書より)。
23:12
マイスリーは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。マイスリーの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/D8jpFRRWIJ(医薬品添付文書より)。
22:42
モダフィニルは向精神薬の一つで精神刺激薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。モダフィニルの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/d74TEHOwtF(医薬品添付文書より)。
22:25
リーゼの副作用(一部)→依存性,肝機能障害,黄疸,眠気,ふらつき,眩暈,歩行失調,霧視,頭痛・頭重,振戦,手足のしびれ,舌のもつれ,耳鳴,血圧低下,たちくらみ,頻脈,悪心・嘔吐,食欲不振,胃痛,便秘,口渇,発疹https://t.co/Oq4IvjqESq(医薬品添付文書より)
22:20
トリヘキシフェニジルの副作用(一部)→悪性症候群、精神錯乱、幻覚、せん妄、閉塞隅角緑内障、興奮、神経過敏、気分高揚、多幸症、見当識障害、眠気、運動失調、眩暈、頭痛、倦怠感、悪心、嘔吐、食欲不振、口渇、便秘https://t.co/6iVL2UNUxD(医薬品添付文書より)
21:42
ドスレピンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ドスレピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YHY7fhkWqn(医薬品添付文書より)。
21:12
アモバルビタールは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。アモバルビタールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/3pQooglETJ(医薬品添付文書より)。
20:42
ピモジドは向精神薬の一つでブチロフェノン系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ピモジドの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/9h0QGAOVIJ(医薬品添付文書より)。
20:28
減薬・断薬についてのお話(3) 4 朝日新聞「処方薬依存症について」 https://t.co/zfIpjTefLx 5 “薬漬け”になりたくない〜向精神薬をのむ子ども〜(NHK クローズアップ現代) https://t.co/v1iKrIf9cv
20:24
減薬・断薬についてのお話(2) 2 向精神薬の長期服用は本当に良くないんです https://t.co/zN1u7sKvjT 3 減薬・断薬していく上で最も大切なこと https://t.co/w4jZOJmGwq (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:20
減薬・断薬についてのお話(1) 0 減薬・断薬サポート、減薬・断薬相談 https://t.co/KgZSroavFl 1 「薬は短期で飲む」が鉄則 https://t.co/vkr82WQIH0 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
20:12
ゾピクロンは向精神薬の一つで非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ゾピクロンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/lEK2OMA6xk(医薬品添付文書より)。
19:42
クロキサゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。クロキサゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/QDJ09Pragc(医薬品添付文書より)。
19:12
イミプラミンは向精神薬の一つで三環系抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。イミプラミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/gSm5xlyCM4(医薬品添付文書より)。
19:01
RT @willie10280: @alphaforu 精神科医、危険ドラッグを所持容疑で書類送検(2017/2/2) https://t.co/fNN2gYhZxl
18:42
リスパダールは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リスパダールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/tl5ONQsEsc(医薬品添付文書より)。
18:25
アーテンの副作用(一部)→悪性症候群、精神錯乱、幻覚、せん妄、閉塞隅角緑内障、興奮、神経過敏、気分高揚、多幸症、見当識障害、眠気、運動失調、眩暈、頭痛、倦怠感、悪心、嘔吐、食欲不振、口渇、便秘、排尿困難、尿閉https://t.co/6iVL2UNUxD(医薬品添付文書より)
18:20
ビペリデンの副作用→悪性症候群,依存性,幻覚,せん妄,精神錯乱,不安,嗜眠,記憶障害,口渇,悪心,嘔吐,食欲不振,胃部不快感,下痢,便秘,口内炎,排尿困難,尿閉,発疹,血圧低下,血圧上昇,眼の調節障害,肝障害https://t.co/TOJOSZ0lAA(医薬品添付文書より)
18:12
ブロチゾラムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ブロチゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/XiLCeeUoXh(医薬品添付文書より)。
17:42
トレドミンは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。トレドミンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/CXNNYDreCl(医薬品添付文書より)。
16:25
タスモリンの副作用→悪性症候群,依存性,幻覚,せん妄,精神錯乱,不安,嗜眠,記憶障害,口渇,悪心,嘔吐,食欲不振,胃部不快感,下痢,便秘,口内炎,排尿困難,尿閉,発疹,血圧低下,血圧上昇,眼の調節障害,肝障害https://t.co/TOJOSZ0lAA(医薬品添付文書より)
16:20
ブロチゾラムの副作用(一部)→肝機能障害、黄疸、一過性前向性健忘、もうろう状態、呼吸抑制、依存性、離脱症状、残眠感・眠気、ふらつき、頭重感、めまい、頭痛、不穏、興奮、気分不快、立ちくらみ、いらいら感、せん妄https://t.co/wLBm2eUkdH(医薬品添付文書より)
16:12
リルマザホンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。リルマザホンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/OcAR15hUmt(医薬品添付文書より)。
15:42
オランザピンは向精神薬の一つでMARTA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。オランザピンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/Vvvu7VbMR8(医薬品添付文書より)。
15:12
ニトラゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ニトラゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/dSQFiDTzgf(医薬品添付文書より)。
14:42
インヴェガは向精神薬の一つでSDA抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。インヴェガの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/fHjYEB2DOD(医薬品添付文書より)。
14:25
レンドルミンの副作用(一部)→肝機能障害、黄疸、一過性前向性健忘、もうろう状態、呼吸抑制、依存性、離脱症状、残眠感・眠気、ふらつき、頭重感、めまい、頭痛、不穏、興奮、気分不快、立ちくらみ、いらいら感、せん妄https://t.co/wLBm2eUkdH(医薬品添付文書より)
14:20
トリアゾラムの副作用(一部)→薬物依存、離脱症状、刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、幻覚、妄想、激越、呼吸抑制、一過性前向性健忘、もうろう状態、肝炎、肝機能障害、黄疸、ショック、アナフィラキシー様症状、眠気https://t.co/gHFDVCQur7(医薬品添付文書より)
14:12
グラマリールは向精神薬の一つでベンザミド系抗精神病薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。グラマリールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/rhifWDGGX3(医薬品添付文書より)。
13:12
サイレースは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。サイレースの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/BswDlXh9Bo(医薬品添付文書より)。
12:42
デュロキセチンは向精神薬の一つでSNRI抗うつ薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。デュロキセチンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YLn9UsP7yl(医薬品添付文書より)。
12:25
ハルシオンの副作用(一部)→薬物依存、離脱症状、刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、幻覚、妄想、激越、呼吸抑制、一過性前向性健忘、もうろう状態、肝炎、肝機能障害、黄疸、ショック、アナフィラキシー様症状、眠気https://t.co/gHFDVCQur7(医薬品添付文書より)
12:20
ロラゼパムの副作用(一部)→依存性、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、眠気、ふらつき、めまい、立ちくらみ、頭重、頭痛、不眠、頭部圧迫感、耳鳴、歩行失調、複視、霧視、舌のもつれ、動悸、血圧低下、肝機能異常、悪心、下痢https://t.co/xXDpJ726ww(医薬品添付文書より)
12:12
レキソタンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系抗不安薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。レキソタンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/YJPLZiXkdu(医薬品添付文書より)。
11:42
ネルボンは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ネルボンの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/dSQFiDTzgf(医薬品添付文書より)。
11:24
【関連情報】うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版 https://t.co/G63kv7GznF
11:20
【関連情報】都の児童精神医療は「投薬以外が第一」を確認するも... | 上田令子 https://t.co/CghEuRmRMc
11:12
エチゾラムは精神薬の一つでチエノジアゼピン系抗不安薬(精神安定剤)です。精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。エチゾラムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/0wO5LI38Ea(医薬品添付文書より)。
10:42
ロルメタゼパムは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ロルメタゼパムの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/qvMvW3MXyK(医薬品添付文書より)。
10:25
ワイパックスの副作用(一部)→依存性、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、眠気、ふらつき、めまい、立ちくらみ、頭重、頭痛、不眠、頭部圧迫感、耳鳴、歩行失調、複視、霧視、舌のもつれ、動悸、血圧低下、肝機能異常、悪心、下痢https://t.co/xXDpJ726ww(医薬品添付文書より)
10:20
アルプラゾラムの副作用(一部)→依存性、離脱症状、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、アナフィラキシー、肝機能障害、黄疸、眠気、めまい・ふらつき、頭痛、不眠、眼症状(霧視・複視)、構音障害、焦燥感、神経過敏、振戦、健忘https://t.co/YmAOu31SX8(医薬品添付文書より)
10:12
ラボナは向精神薬の一つでバルビツール酸系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ラボナの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/PLymYW452K(医薬品添付文書より)。
09:42
ベノジールは向精神薬の一つでベンゾジアゼピン系睡眠薬です。向精神薬の長期服用は副作用・依存性・禁断症状・後遺症などの危険性を増していきます。ベノジールの詳細な副作用は以下の通りです→https://t.co/lhvIY8bIzZ(医薬品添付文書より)。
09:32
減薬・断薬についてのお話(7) 12 ウィキペディアにも向精神薬の危険性が指摘されています! https://t.co/xprNvUVRv1 (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:28
減薬・断薬についてのお話(6) 10 向精神薬と妊娠について https://t.co/1dTiZ0oSI2 11 向精神薬関連動画 https://t.co/BsUl59Gf7x (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:24
減薬・断薬についてのお話(5) 8 読売新聞「大量服用招く安易な処方」 https://t.co/L8efRFErE6 9 お医者様のこんな言葉にはご注意を https://t.co/2MxzhaFirY (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
09:20
減薬・断薬についてのお話(4) 6 副作用による様々な臓器障害 https://t.co/Eb4ZgDBXDs 7 医療用医薬品添付文書・副作用情報 https://t.co/ZWcYXeLwKe (向精神薬の長期服用は様々な危険性があります)
08:35
【精神薬薬害はどなたにも起こりうることです。明日は我が身かもしれません。オススメの書籍です→】精神医療の現実: 処方薬依存からの再生の物語 https://t.co/xSFTfZkcAA
08:25
各薬剤の【#副作用 情報】に、【#妊娠 時の危険性情報】も追加掲載してあります。ご覧になってみてください。(いずれも医薬品添付文書より)https://t.co/UQYrmu1lVO なお、精神薬は毒性の強い薬剤です(麻薬に近いものがあります)。長期服用は本当に危険なんです!
08:20
【脳も心も体もボロボロにしてしまう精神薬。その危険性がよくわかるオススメの書籍です→】のむな、危険!: 抗うつ薬・睡眠薬・安定剤・抗精神病薬の罠 https://t.co/lCy5TbhUSJ
| - | 02:33 | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:33 | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM